72時間サバイバル教育協会:災害時に生命のライフライン72時間を生き延びるためのサバイバル技術を学びます。

72時間サバイバルとは

  • HOME »
  • 72時間サバイバルとは

72時間サバイバルとは

一人でも多くの子どもたちが災害発生後自力で生き抜く力を身につける

災害発生後72時間を超えると生存率が大幅に下がると言われています。
そのため、行政等の組織的救出・支援(公助)が始まるまでに、周りに大人がいない状況でも自 力で生き抜く力(自助)が必要となります。またその力を身につけることで周りの人を助ける力 (共助)も身につけることにつながります。
「サバイバルスキル」の習得はもちろんのことながら、どんな状況でも自分で考え判断し行動す る「サバイバルマインド」の習得の両立を目指していきます。
この72時間サバイバル教育を普及することで子ども達が災害発生後に一人でも多くの子ど もたちがたくましく生き抜く力を身につけるだけでなく、社会に出てからも自らの人生を自ら切り 拓く自立した若者が増えることを願ってこのプロジェクトを推進していきます。

ミッション達成への流れ

事業内容

● 72時間サバイバルインストラクターの育成・研修
● 72時間サバイバルキャンプの企画運営
● 72時間サバイバルプログラムの企画開発
● 72時間サバイバルの普及啓発(出版等)
● 72時間サバイバル公認ツールの企画開発
● その他上記に関わる事業




運営事務局スタッフ紹介

一般社団法人72時間サバイバル教育協会は、「大阪を変える100人会議」のコラボレーション事業として生まれました。

72時間サバイバル教育協会 運営事務局 代表理事

片山 誠

災害時にあなたは大切な人を守ることが出来ますか?いくら正義感や優しさを持ち合わせていても、まず自分の身を守ること「自助」が出来なければ、絶対に仲間を守ること「共助」は出来ません。この地球上のどこででも起こり得る自然災害は、人間の力で抑え込むことは不可能です。自然に対して畏敬の念を忘れずに、与えられた環境を受け入れ、創意工夫する力を養うことで、全ての人たちが災害時に生き延びられる安心な世の中にしていきたい、そのような思いから本プロジェクトは生まれました。体験したことが無いことはいざという時には出来ません。72時間サバイバルプログラムは0の経験値を1にすることから始まり、体験学習を通じて、自ら考えて行動できる人を共育することを目指しております。これは災害時だけに限らず、社会生活の中でも必要なことだと考えます。一人でも多くの方に、本プログラムを体験して頂けることを願っております。

【PERSONAL HISTORY】
株式会社ココロ 代表取締役
MFA(メディックファーストエイド)チャイルドケアプラスインストラクター
自然体験活動推進協議会公認リスクマネジャー、リスクマネジメント講師
文部科学省委託事業 小学校長期自然体験活動全体指導者
SAJ(全日本スキー連盟)公認準指導員
国内旅行取扱管理者

川、山、海など自然のフィールドでアウトドアツアーを企画運営する株式会社ココロを設立し、様々なツアーのガイドをしながら、野外教育にも力を入れ、最近は国内・中国の野外活動指導者養成プログラムの講師や、大学での非常勤講師、年に数回無人島研修を行うなど、多方面で活動中。

72時間サバイバル教育協会 プロデューサー

山中 昌幸

「震災直後の津波の時は家族は不在、雪の降る中でひとり屋根の上で一晩を過ごし、翌日家族が迎えに来てくれて助かった。」と語るのは東北復興支援ボランティアで出会った中学生。このように災害時に救助が来るまでひとりで生き抜く体験をした子どもたちは多い。救助のデッドライン「72時間」を生き抜く力を学び、自分の命を守り(自助)人の命も助ける(共助)ことを広めるべく、協働でプロジェクトを発足しました。

【PERSONAL HISTORY】
NPO法人 JAE ファウンダー会長
ミライ企業プロジェクト全国事務局代表
大正大学地域構想研究所プロジェクトファシリテーター等

100年後も青少年が希望と誇りを持てる日本を創るために「志とアントレプレナーシップを持った若者の輩出」を目指したキャリア教育事業を実施。ロールモデルとなるチャレンジしている大人との「出会い」と、本物の社会を体験する「場」づくりを行い、2001年に創業以来これまでに延べ100社以上の企業と協働して1万人以上の青少年に夢を育む機会を提供。2012年に経済産業大臣賞、2013年文部科学大臣表彰を受賞。

72時間サバイバル教育協会 理事 認定サバイバルトレーナー

石川 雅嗣

「人は経験を振り返ることによって成長する」(John Dewey)様々な年代の方のキャリア開発支援に携わる中でこの事を実感しています。我々は便利になり不便を感じることがすくなくなりました。敢えて不便に身を置き「0の経験を1に」し、その体験から「なぜできた」と振り返る中で感じられる自己肯定感。そして「自助」「共助」や生き抜く為に必要なことを伝えてまいります。

【PERSONAL HISTORY】
キャリアコンサルタント(国家資格)
日本キャンプ協会キャンプインストラクター
自然体験活動指導者(NEALリーダー)
MFAメディックファーストエイド・チャイルド・ケア・プラス プロバイダー

2004年よりフリーランスとして教育機関、行政を中心に、就職支援・キャリアデザイン関連セミナーの講師、キャリアカウンセリングを行う。2007年から欧州でのワークショップに6年間継続参加、最先端のコーチングスキルと組織活性化の手法、行動科学を学ぶ。現在、大学非常勤講師、焚き火コーチングの主宰、冒険共育トレーナーをはじめ、人材育成や組織開発の現場を中心に「自然に学び、自分の自然と出会う」をモットーに活動。

72時間サバイバル教育協会 理事 認定サバイバルトレーナー

長江 孝

このプロジェクトと出会い、社会に対する減災教育の必要性を実感しました。災害の多い日本においてはいつどこで被災するかわからない状況だからこそ、被災を想定した備えが必要になってくると強く思います。この活動を通して「自助」・「共助」・「被災しても生き抜くことが出来る力」を育てます。

【PERSONAL HISTORY】
特定非営利活動法人こども共育サポートセンター 代表理事
北海道レクリエーション協会 理事
せいとく介護福祉専門学校 非常勤講師
北海道福祉大学校 非常勤講師
姫路大学 非常勤講師
中学校教諭第一種免許状(理科)
高等学校教諭第一種免許状(理科)
自然体験活動リスクマネジメントディレクター
レクリエーション・コーディネーター
キャンプ・インストラクター
プロジェクトワイルド エデュケーター
プロジェクトウェット エデュケーター
赤十字救急法救急員

これまで300種類以上の体験活動プログラムの企画・運営し、1000人以上の若者ボランティアと8000人以上の子どもたちに体験活動を通した育ちの場を提供。体験活動を通してこどもたちや若者の自主性、社会性を伸ばし自ら考え、行動に移す意識を高めることで、人とつながり協働することの出来る力(社会で生きる力)を育てることに重点を置いてこどもたち一人一人がイキイキと成長する場面を創り、こどもたち、若者と大人が、それぞれの知恵と熱意を持ち寄って共に育つ「共育」の環境を広めている。

72時間サバイバル教育協会 広報

田原 建吾

カメラマンであった私は、阪神大震災当日の正午には神戸の市内に入りました。あまりの凄惨な現場に、カメラのシャッターを押す事も忘れてただ呆然としました。火事で燃え盛る炎、崩れさっているビル、路頭に迷う人々、ガレキに押しつぶされていた人々。何もできない自分に悔しさを感じた記憶があります。そして東日本大震災。神戸の時に感じた何もできないジレンマは変わらないままでした。しかし、72時間サバイバルプロジェクトに参加することで、広報としてこのプロジェクトを日本中に認知させ、ひとりでも助かる命を増やすことに貢献できることをめざします。

【PERSONAL HISTORY】
株式会社ReFEED 代表取締役
ACT EDGEエンターテイメント株式会社 取締役
株式会社STEPOUT 取締役
劇団海月 舞台監督

広告企画制作会社ReFEEDを経営、教育広報、医療広報、採用広報を得意分野としてさまざまな広告の企画・制作を行う。また商品企画、マーケティング、ブランディング、イベント、エンターテイメントなど、広告の枠に捕われない幅の広いプロデュースを行ない、様々な物作りに活動中。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.