72時間サバイバル教育協会:体験学習を通じて、災害時に自助・共助出来るようになるための減災教育を行っております。

72時間サバイバルとは

  • HOME »
  • 72時間サバイバルとは

72時間サバイバルとは

一人でも多くの子どもたちが災害発生後自力で生き抜く力を身につける

災害発生後に孤立したり動けなくなったりした場合、72時間を超えると生存率が大幅に下がると言われています。
また、これから起こり得る大災害の時には、1週間以上もの間、救助が来なくなる地域があることも想定されています。
そのため、行政等の組織的救出・支援(公助)が始まるまでに、周りに大人がいない状況でも自力で生き抜く力(自助)が必要となります。
またその力を身につけることで周りの人を助ける力 (共助)も身につけることにつながります。
「サバイバルスキル」の習得はもちろんのことながら、どんな状況でも自分で考え判断し行動する「サバイバルマインド」の習得の両立を目指していきます。
この72時間サバイバル教育を普及することで、災害発生後に一人でも多くの子どもたちがたくましく生き抜く力を身につけるだけでなく、社会に出てからも自らの人生を自ら切り拓く自立した若者が増えることを願ってこのプロジェクトを推進していきます。

ミッション達成への流れ

事業内容

● インストラクターの育成・研修
● サバイバルマスタープログラムの企画運営
● 減災教育の講習・講演の企画運営
● 減災教育の普及啓発(出版等)
● 72時間サバイバル教育協会公認ツールの企画開発
● その他上記に関わる事業

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.