72時間サバイバル教育協会:体験学習を通じて、災害時に自助・共助出来るようになるための減災教育を行っております。

サバイバルマスター育成

  • HOME »
  • サバイバルマスター育成

8つのプログラムを習得してサバイバルマスターを育成

72時間サバイバルマスター養成プログラムでは、災害時に生き延びるために必要なスキルを学ぶために、「ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」の8つのプログラムを用意しております。
それぞれのプログラム講習をすべて受講すると修了証が授与されます。
さらに、講習後に行われる検定に合格することで、各プログラムのマスターとして認定され、プログラムごとにデザインの違うワッペンが授与されます。
このワッペンを全8種類集めると、公認「サバイバルマスター」として認定され、マスターのワッペンが授与されます。
災害時に自分を守り(自助)、他人を助ける(共助)の知識と技術を学んだ証として、取得したワッペンを普段使っているカバンや非常用持出袋に縫い付けておくことで、災害時にはマスターに避難所や現場でスキルに合わせて活躍するミッションが与えられるという仕組みづくりをします。
またワッペンを取得して終わりではなく、さらに自分の地域において、また自分自身のスキルとして足りていないことは何かを考え、子どもたちが継続して学習していくサポートをしていきます。

サバイバルマスター
高校生以上

ジュニアサバイバルマスター
小学生・中学生

 

8つのサバイバルプログラム

ファイヤー
寒さをしのぎ、調理にも使う「火」を、災害時にはどのようにして使用・管理するのか、その具体的な方法を学びます。

●火の便利さと危険
●火の扱い方と安全な利用方法
●火起こしなどの実地講習 など

ウォーター
災害時に必ず必要になる「水」。どうやって水を確保し、安全に管理するか、その具体的な方法を学びます。

●水の重要性
●水の調達方法とその管理
●水源確保などの実地講習 など

シェルター
災害時に雨露・寒さ・暑さをしのぐために必要な「住」環境をどのようにして確保するか、具体的な方法を学びます。

●シェルターの必要性と役割
●シェルター作り
●ロープやブルーシートなどの実地講習 など

フード
限られた環境でどのようにして食事の確保を行うのか、ある物を工夫しておいしく食べるノウハウなどを学びます。

●災害時の食料事情
●備蓄物、非常食の有効利用
●身の回りにあるものでの調理講習 など

SOS
災害時に救助隊にいち早く発見してもらうためにはどのようにすれば良いか、SOSの方法を学びます。

●危険予知について
●救出してもらうために必要なこと
●SOSの実地講習 など

ファーストエイド
ケガをした場合の止血、応急手当の方法をはじめ、熱中症、低体温症、感染などの二次災害を防止する方法を学びます。

●応急手当の基礎知識
●二次災害の予防
●応急手当の実地講習 など

ナイフ
災害時に役立つ道具の「ナイフ」。安全に使いこなせるよう、体験を通じてさまざまな使用方法を学びます。

●使用の注意点について
●ナイフのさまざまな用途
●実際にナイフを使った実地講習 など

チームビルド
災害を乗り越えるために必要な避難場所でのチームづくりと、そこで必要な役割や行動とは何かを学びます。

●避難所での協力体制について
●災害を乗り越えるための役割分担
●避難所運営シミュレーション など

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.