72時間サバイバル教育協会:体験学習を通じて、災害時に自助・共助出来るようになるための減災教育を行っております。

72時間サバイバル教育協会 理事 長江 ちかこ

私は北海道胆振東部地震を経験しています、地震の瞬間は怖くて半べそを掻きながら2歳の娘を抱きかかえて身を伏せていたのを覚えています。当協会のプログラムに以前から触れていたこともあり、揺れが収まると冷静に行動していました。半べそ掻いて、震えている「だけ」じゃ自分も家族も守れません。もしものとき、後悔しない行動をとりたいと思いませんか?

特定非営利活動法人こども共育サポートセンター チーフディレクター
北海道レクリエーション協会 事業委員
自然体験活動推進協議会 リスクマネジメントディレクター
など

 

北海道を拠点に年間40本以上の体験活動を実施。「チームで働く力」を育むことに重点を置き様々なバリエーションの活動を展開している。自然体験や防災教育、牧場の仕事体験、札幌の街中で行うすごろくの旅など一風変わった活動も実施している。専門学校の非常勤講師としても活動中。