災害時に一人でも多くの子どもたちが一人でも生き延びることができるようになるために、子どもたちをサバイバルマスターとして育成する「コーチ」になりませんか?
72時間サバイバルでは、2017年10月7-9日に「コーチ資格」を取得するための「コーチ養成講座」を開催いたします。
この資格は、災害時の停電、断水、交通インフラ停止等の疑似環境の中で、衣食住の安全な確保などの野営体験を通じてレスキューまでの72時間を生き抜く力を身につけることを目的としております。被災し、限られた物資の中でいかに自分の命を守り(自助)工夫して生き抜くかを考え、仲間と共に助け合い、知恵と情報を共有しながら(共助)、サバイバルマインド(自助)を養います。
このキャンプに参加し、最終日のテストに合格した方は72時間サバイバル教育協会認定のコーチ資格が得られます。資格所持者は以降のサバイバルマスター講座にコーチとして活動の指導支援等に参加することが可能になります。

詳細・お申し込みはこちら
http://72h.jp/schedule/20171007-09

◆期日
2017年10月7日(土)9:50〜10月9日(祝・月)15:00頃(2泊3日)
集合時間:9:50
開催場所:滝野自然学園(現地・会場)〒005-0862 札幌市南区滝野106番地
◆参加費:一般24,800円<税込> 学生19,800円<税込> ※定員20名
※参加費には、宿泊費及び1日目の夕食から3日目の昼食まで含まれます)
※子どもゆめ基金の助成により参加費を通常より5千円安く設定しております。
※会場までの交通費は含まれません
◆内容
災害時に生き延びるために必要なスキルを習得するために「ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」の8つのプログラムを体験、講義や実習を通じて学びます。
実習:サバイバルマスターの8つのプログラムに基づく野営の基本技術(http://72h.jp/program)
※野営時の居住空間づくり、火起こし、ロープワーク、応急手当基礎など
講義:避難所の運営手法、安全管理、コーチング基礎など