72時間サバイバル教育協会:体験学習を通じて、災害時に自助・共助出来るようになるための減災教育を行っております。

72時間サバイバルとは

72時間サバイバルとは

一人でも多くの子どもたちが災害発生後自力で生き抜く力を身につける

災害発生後から72時間を超えると、生存率が大幅にに低下すると言われています。

大災害の時には、救助が始まっても1週間以上もの間、救助が来ない地域があることも想定されています。

そのため、地震、台風、津波など自然災害の多い日本では、行政等の組織的救出・支援(公助)が始まるまでに、周りの助けがない状況でも自力で生き抜く力(自助)が必要になります。

その力を身につけることで周りの人を助ける力 (共助)も身につけることにつながります。

72時間サバイバル教育協会では、「サバイバルスキル」の習得はもちろんのことながら、どんな状況でも自分で考え判断し行動する「サバイバルマインド」を子どもから大人までみんなが習得することによる、安心安全な社会作りを目指しております。

72時間サバイバル教育は体験学習を通じて、災害時に必要なことは何かを自分事として考え、自助共助出来る人材を育成していく主体性を重視した減災教育です。

ミッション達成への流れ

事業内容

● インストラクターの育成・研修
● サバイバルマスタープログラムの企画運営
● 減災教育の講習・講演の企画運営
● 減災教育の普及啓発(出版等)
● 72時間サバイバル教育協会公認ツールの企画開発
● その他上記に関わる事業