72時間サバイバルプロジェクトとは

コンセプト

災害発生時、1人でも多くの子どもたちが
自力で生き抜く力を身につける

このプロジェクトは子ども達が災害発生後72時間を自力で生き抜く力を身につけるための教育を普及することが目的です。災害発生後72時間を超えると生存率が大幅に下がると言われ、また行政等の組織的救出・支援(公助)が始まるまでに、周りに大人がいない状況でも自力で生き抜く力(自助)を養います。またその力を身につけることで周りの人を助ける力(共助)も身につけていきます。

災害発生後72時間を生き抜く力として、雨天時に体温の低下を防ぐために周りのものを使って雨を凌ぐやり方や、暖や食事をとるための火の起こし方など自力で衣食住の確保、また応急処置などの「サバイバルスキル」の習得はもちろんのことながら、どんな状況でも自分で考え判断し行動する「サバイバルマインド」の習得の両立を目指していきます。また、普及方法として子どもたちに指導できる72時間サバイバル教育インストラクターの養成」を中心に行っていきます。その対象として大学生や教育関係者等を想定し、その習得の場として「72時間サバイバルキャンプ」の実践、また地域によって災害は異なることから「72時間サバイバルプログラム」の開発、そしてお互いに学びあえる「コミュニティづくり」を行います。

一方で子どもたちが巣立つ社会はグローバル化や超少子高齢化などを背景に激変し、ますます予測困難な社会になっています。そのため、このような状況では自ら考え判断し行動する力が求められておりその手段としてキャリア教育の普及が学校現場で推進されています。

この72時間サバイバル教育を普及することで子ども達が災害発生後に一人でも多くの子どもたちがたくましく生き抜く力を身につけるだけでなく、社会に出てからも自らの人生を自ら切り拓く自立した若者が増えることを願ってこのプロジェクトを推進していきます。

プロジェクトコンセプトイメージ
事業一覧
  • ● 72時間サバイバルインストラクターの育成・研修
  • ● 72時間サバイバルキャンプの企画運営
  • ● 72時間サバイバルプログラムの企画開発
  • ● 72時間サバイバルの普及啓発(出版等)
  • ● 72時間サバイバル公認ツールの企画開発
  • ● その他上記に関わる事業

プロジェクト目標

当団体では、1人でも多くの子どもたちに災害発生時に生き抜いてもらうため、団体設立時から以下の目標をたてています。

プロジェクト目標イメージ

プロジェクト組織体制

一般社団法人 72時間サバイバル教育協会は、サバイバル教育業界の普及のため、以下の組織体型で運営をしております。

プロジェクト組織体制イメージ

運営事務局スタッフ紹介

一般社団法人 72時間サバイバル教育協会は、「NPO法人 JAE」と「NPO法人 日本アウトドアエデュケイションアカデミー(JOEA)」が協同運営するコラボレーション事業として生まれました。

株式会社 ココロ

片山 誠
片山 誠
72時間サバイバル
教育協会
運営事務局 代表理事
人との輪、繋がりの大切さを伝えたい。

近年は、人と人との関係性が希薄になってきている時代といわれています。他人に無関心であったり、礼儀やマナーを知らなかったり、人と協力することの大切さを知らなかったり…。災害が起こった時には、普段以上に人の輪が大切になってきます。このプロジェクトでは子どもたちに自助・共助をするためのスキルとマインドを育むこと、そしてそれを伝えていくことが出来る良き指導者の育成をすすめていきたいと思っています。

PERSONAL
HISTORY
株式会社ココロ 代表取締役
【資格など】
MFA(メディックファーストエイド)チャイルドケアプラスインストラクター
国内旅行取扱管理者
SAJ(全日本スキー連盟)準指導員
一般社団法人72時間サバイバル教育協会 事務局長兼チーフトレーナー
NPO法人日本アウトドアエデュケーションアカデミー 理事長
文部科学省委託事業 小学校長期自然体験活動全体指導者
自然体験活動推進協議会公認リスクマネジャー、リスクマネジメント講師
レスキュー3SRT-Ⅰ(スイフトウォーターレスキューテクニシャン-レベルⅠ)修了
レスキュー3TRR(テクニカルロープレスキュー)修了

NPO法人JAE

山中 昌幸
山中 昌幸
72時間サバイバル
教育協会
運営事務局
プロデューサー
社会に出てからも、自らの人生を切り拓く、自立した若者を増やすために。

「震災直後に波が来て家には誰もいなかった。近くの家を見るとみんな屋根の上に登りぶるぶる震えながら一晩をあかしていた。次の日の昼間に家族が迎えに来てくれて、ようやく助かったと思った」 東日本大震災の際にボランティアで現地に入って実際にあった子どもの体験の話です。このように災害直後、親が近くにおらず、救助が来るまで子どもたちだけで生き延びなければならない体験をした子どもたちは少なくありません。この災害時のデッドラインと言われる「72時間」を、子どもたちが自分たちで生き延びるスキルを事前に身につけておくことで命が助かり、またその力がこれからの激動する社会を生き抜く自信にもつながると思い、本プロジェクトを発足いたしました。

PERSONAL
HISTORY
1972年1月11日生まれ
NPO法人 JAE ファウンダー会長 *経済産業大臣賞(2012)、文部科学大臣表彰(2013)
花園大学非常勤講師
JAE
PROFILE
NPO法人 JAE
〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビルディング 西館401A号室
TEL / FAX:06-6131-3573
http://www.jae.or.jp/

地域や日本の未来を担う若者を輩出するために小学生から大学生を対象に志とアントプレナーシップを育成するキャリア教育事業を企業と連携して学校などで実施しています。これまでに100を超える企業と連携して1万人以上の子どもたちにプログラムを提供してきました。2011年度にはプログラムにおいて経済産業大臣賞を受賞しました。

協会スタッフ

田原 建吾
田原 建吾
72時間サバイバル
教育協会
運営事務局 広報リーダー
株式会社Re:FEED
代表取締役
あの悲しい思いを繰り返さないために。 本プロジェクトの認知を広げ、助かる命を増やすことが使命。

カメラマンであった私は、阪神大震災当日の正午には神戸の市内に入りました。あまりの凄惨な現場に、カメラのシャッターを押す事も忘れてただ呆然としました。火事で燃え盛る炎、崩れさっているビル、路頭に迷う人々、ガレキに押しつぶされていた人々。何もできない自分に悔しさを感じた記憶があります。そして東日本大震災。神戸の時に感じた何もできないジレンマは変わらないままでした。しかし、72時間サバイバルプロジェクトに参加することで、広報としてこのプロジェクトを日本中に認知させ、ひとりでも助かる命を増やすことに貢献できることをめざします。

PERSONAL
HISTORY
1969年2月11日生まれ 大阪市出身
大阪写真専門学校(現:ビジュアルアーツ専門学校)卒業
株式会社Re:FEED 代表取締役
株式会社STEPOUT 取締役・広報
一般社団法人JOE 副理事・広報
劇団海月 舞台監督・制作・広報
Re:FEED
PROFILE
株式会社Re:FEED
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-5-31 三星中央ビル9F-A
TEL:06-6282-7907 / FAX:06-6282-7908
http://www.refeed.jp/

グラフィック・Web・写真・映像など、クロスメディア戦略で企画から制作までをワンストップで制作を行う広告企画制作会社。特に、教育広報、医療広報、採用広報を得意分野とし、上場企業から個人店舗までさまざまな広告制作を行っている。さらに商品企画、マーケティング、ブランディング、イベント運営、劇団公演など、広告の枠に捕われない幅の広い業務を手がけている。