72時間サバイバル教育協会:体験学習を通じて、災害時に自助・共助出来るようになるための減災教育を行っております。

当協会は、災害時に備えて、1人でも多くの人が、自助・共助出来るようになるため、以下の教育方針を掲げます。

・学習意欲を引き出すために、楽しみながら体験学習が出来るプログラムを提供します。
・教えられたスキルを覚えるのではなく、課題に対して自ら考え、トライ&エラーを重ねて、自分自身で会得するためのサポートをします。
・学んだことを忘れず、いつでも使えるようにしておくために、学び続けたくなる環境作りをします。

 

イベント・講習会

【北海道】もしとき®教室(もしものときに生き残るための教室)

2018年9月に北海道は大きな地震がありました。あのとき、みなさんはどんな気持ちになりましたか? もしものとき …

【北海道】2019年7月6日~7日「減災教育✖環境教育」体験プログラム

「減災教育✖環境教育」体験プログラム NPO法人C・C・C富良野自然塾様主催、72時間サバイバル …

【北海道】2019年9月21日~23日 72時間サバイバルコーチ養成講座

この講座では、災害時の停電、断水、交通インフラ停止等の疑似環境の中で、衣食住の安全な確保などの野営体験を通じて …

ニュースリリース

NPO法人グリーンズさんのHPで紹介いただきました。

記事はこちら https://greenz.jp/2019/02/15/72h_-survival/

学校・図書館向けのサバイバル習得本、「めざせ!災害サバイバルマスター」が発売されます。

当協会代表理事の片山誠が監修した、本が2019年2月に太郎次郎社エディタスより発売されます。 全国の書店で扱っ …

1月5日6日の様子が新聞に載りました。

1月5日6日に行われたホテル日航関西空港様との「1泊2日避難所体験キャンプ」が紹介されました!  

子ども向けのサバイバル習得本、「もしときサバイバル術Jr」が発売されます。

当協会代表理事の片山誠が執筆した、小中学生向けの本が5/28に太郎次郎社エディタスより全国の書店で発売されます …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.